星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

ハーシェル・アンサンブル

ちょうど一年前の今頃(6/18)、

やっぱり梅雨時のじめじめしたシーズンにハーシェルの話題を書きました。


http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20150618



別に狙っていたわけではありませんが、

ハーシェル」ネタを一つ。


f:id:tupichancosmos:20160623052716j:image

ハーシェル・アンサンブルというグループが

「6つのキーボード・ソナタ集」をリリースしてくれました。



6曲とも長調で書かれているため

構えて聴く必要のないリラックスした楽想にあふれ、

当時王室につかえていたハーシェルが主のオーダーに応えて作曲したんだろうなと伺わせます。

モーツァルトの「ロンドン・ソナタ K10-K15」に似ているなぁ、と思いました。


編成はハーシェル

チェンバロ、ヴァイオリン、チェロ」

モーツァルト

チェンバロ、フルート、チェロ」


という違いはありますが、

どちらもB.G.M.的な音楽で

星を眺めながら聴くとぴったりです。


ウィリアム・ハーシェルのページ