星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

四千万歩の男(井上ひさし)

f:id:tupichan:20190916135921j:plain

四千万歩の男(井上ひさし


単行本でも5冊に及ぶ大作
講座に併せて昨年11月に読み始じめたものの、
ようやく終了…

フィクションとはいえ
そのほとんどは伊能忠敬の日誌や研究書をベースに
時系列を繋ぎ合わせ、日記や研究書にない部分を創作したとか。
そのへんは『四千万歩の男の生き方』という別冊で明らかにしていました。

実在の人物も数多く登場し
読んでいてネタとして使えそうな部分も数多くありました。
作者的には続編を考えていたらしいのですが、
今となってはそれも叶わず…

伊能忠敬は地元の人物ではありましたが
大して関心も寄せていませんでした。
しかし星学(天文学)を知れば知るほど
重要人物の一人だったということに驚いています。

今度は伊能忠敬の跡を継ぐことになる
間宮林蔵吉村昭)の本を読んでみようと思っています。

ちなみに井上ひさしと言えば
私にとって一番好きな小説が『新釈遠野物語』です。

元素から見た化学と人類の歴史

はじめに――組織化の原理



第1章 物質とは何か? 

第2章 中世までに利用されていた元素

第3章 空気を調べてわかった物質の本性

第4章 新しい元素


第5章 微粒子から元素へ



第6章 秩序を求めて


第7章 原子の謎、解明される



第8章 元素を変化させる
第9章 天上の元素工場



おわりに――全と無


f:id:tupichan:20190907093928j:plain

元素から見た化学と人類の歴史

 昨日は久しぶりの快晴で幕を開けた観望会でしたが、途中雲の飛来があったりしたものの、透明度が飛び抜けて良く、北の空低く傾いた北斗七星が地平線上に横たわる姿を初めて目にすることができたほどでした。今回のギャラリーも、小さなお子さんが多く、そして土星という変わり種の天体は人気があって、何度も何度も列に並びなおして見直しをするリピーターが沢山いました。この天気も明日接近すると予報されている台風13号の影響が出る夕方まで続きました。おそらく、昨年同様、この台風が抜けた後は一気に秋の気配が濃くなるのではないでしょうか。

 さて、昨日購入した本は、直接宇宙と関わる(実際にはビックバンから始まったことを考えると、宇宙に関わりのないものなど何一つないのですが)ものではないのですが、次回の講座が太陽と言うこともあって、こうした元素の話題にも触れることもあろうかと思い手にしてみた次第です。ただし、目次を見限り、第九章は直接関わりのある章ですね。

 

第9章 天上の元素工場
神々と恒星たち
ヘリウムと水素
恒星内元素合成
自然界に存在する元素と、人間が合成した元素

 

 一緒に写っているCDはバロック期の作曲家Felice Giardini(1716-1796)のCDで、私好みのヴァイオリン二梃のための作品集。リラックスしながら聴くことができます。

 

建築書 ウィトルーウィウス

 紀元前33〜紀元前22年の間に書かれたと言われる、ウィトルーウィウス(B.C.i。ローマの建築家)の建築書の第九書に十二星座に関する言及がされています。

「この巻では日時計の造り方について、それが宇宙における太陽の放射線から針の影を通じてどんなふうに発明されたか、どんな理によって針の影が長くなったり短くなったりするのか、それを説明いたしましょう(森田慶一訳)」

 こうした宣言の後に、黄道十二宮にまつわる天球の営みが綴られています。

 

f:id:tupichan:20190828194902j:plain

建築書(ウィトルーウィウス


 まったく関係のないジャンルの中に、こうした天文関係の書籍を見つけると、とても嬉しくなってしまいます。手前の本は普及版。もともとの出版(うしろのちょっと大柄な本)は昭和44年に東海大学出版会よりラテン文の対訳の体裁で出版されていました。

近世日本天文学史(下)ー観測技術史ー

近世日本天文学史(下)ー観測技術史ー / 渡辺敏夫著(恒星社厚生閣

第1章 総説

第2章 日本の天文台
 1. 天文台
 2. 京都梅小路天文台
 3. 京都西三条台暦所
 4. 江戸の天文台
5. 私設天文台
 6. 地方の観測所

第3章 儀象史
 1. 中国の儀器
 2. 渋川春海時代の測器
 3. 宝暦改暦時の儀器
 4. 寛政改暦前後に創製の儀器
5. 航海用天文観測器

第4章 天文観測用時計
 1. 漏刻
 2. 時計の伝来
 3. 時計の製造者
 4. 渋川春海の百刻環
5. 宝暦改暦のとき使用の時計
 6. 麻田派天文家使用の時計

第5章 望遠鏡の歴史
1. 望遠鏡の渡来
 2. 望遠鏡の制作者
 3. 麻田剛立と望遠鏡
 4. 岩橋善兵衛製作望遠鏡
5. 麻田立達の望遠鏡
 6. 望遠鏡の称呼
 7. テレスコッペン
 8. 望遠鏡の値段と普及度
 9. 避眩鏡(ゾンガラス)

第6章 経度・緯度の測定、子午線決定
1. 子午線決定法
 2. 緯度の決定法
 3. 経度の測定

第7章 太陽赤道経緯度測定


第8章 日食と月食
1. 日食と月食の記録
 2. 交食記録の整理と精度
 3. 観測技術と観測器
 4. 交食観測の難易
5. 食甚時刻の決定
 6. 日食各論
 7. 月食各論


第9章 惑星観測
1. はじめに
 2. 高橋至時と五星法
 3. 五星観測
 4. 金星・水星観測
5. 水星太陽面経過
 6. 五星観測の精度
 7. 天王星の観測


第10章 星食・凌犯
1. 凌犯について
 2. 凌犯記録
 3. 木星四衛星の食、掩蔽


第11章 本朝彗星史
1. 彗星の定義
 2. 彗星観測の記録
 3. 彗星観測法
 4. 観測の精度
5. ハレー彗星
 6. 各彗星記録

 

第12章 日本星図
1. 総説、中国の星座
 2. 中国星座の変遷
 3. 西洋星座と星名
 4. 個々の星の命名
5. 中国星座の組織構成
 6. 中国星図の構成
 7. 日本の星図
 8. 中国伝来の星図
 9. 保井春海の星図の研究
10. 日本の刊行星図
11. 天球儀について

 

第13章 清濛気差の観測


第14章 その他の観測
1. 太陽面現象
 2. 月面観測
 3. 惑星面観測



附録
1. 渋川・高橋両家の著書及び蔵書目録と所在
 2. 近世日本天文学史表(1601〜1873)


人名索引

書名索引

 

星のソムリエ(R)の本の紹介のページ

 

f:id:tupichan:20190825084116j:plain

星空に響く音楽

f:id:tupichan:20190716233042j:plain

星空に響く音楽

 私は会員ではないし、ボランティア(天体観望会が行われなかったので出番がほとんどなく辞めさせられてしまった)でもないし、聴きに行くことができませんが、ガリレイの音楽が奏でられることは非常に興味深いです。どこか他の場所でやってくれたら行けるのになぁ…

 

天界の音楽(ガリレオ)

シンセサイザー/星座 〜永遠なる四季〜 フランク・ベッカー

 今日も朝から強い雨が降っていて、庭のトマトのプランターが倒れてしまっていたほど。昨夜、風も強かったのか… ただ、被害はなく、まだ半分だけしか赤くなっていないプチトマトがたわわに実ったまま横たわっていました。

f:id:tupichan:20190706140237j:plain

シンセサイザー/星座 〜永遠なる四季〜 フランク・ベッカー


 小学生の頃、従兄弟の家に遊びにいくと、必ずレコードを聴かせてくれました。その中で見つけた一枚が「星座」という名のアルバム。原題には「星座」という言葉は使われていませんが、レコード会社の担当者が苦心してつけたのでしょう。裏ジャケットには曲の副題となっている星座、もしくは星の並びを表す星図が掲載されていて、それぞれの星々を楽譜にプロットさせてメロディを充てていました。
 その頃のシンセイサイザーの流行りと言えば、冨田勲の作品群で『惑星』『宇宙幻想』は天文ファンには一番の人気作でした。

 この『星座』は、冨田勲のシンセと比べると、音色が一色で、しかも雰囲気は良いとしても音楽を楽しむという点では個人的には消化不良気味でした。ただ、天球に貼付いた星の位置を楽譜に当てはめて音型にする、という試みは、たとえばジョン・ケージの『南天のエチュード』に先例があるので、天球の音楽を探し求めている私には、昔の記憶を頼りに、アーティストとか、ジャケットがどんなだったかを思い出しながらレコードを改めて探し求め(音源は従兄弟が所有していて、「どっかに行っちゃったよ〜」と行方不明になってしまったため…)ようやくヤフオクで見つけることができました。

 30年ぶりぐらいに聴いたレコードでしたが、やっぱり消化不良は変わらず(笑)。しかし裏のジャケットには興味が湧きました(レビュー)。

 

Side A

1.冬 スターパターン・オリオン オーロラ
2.春 スターパターン・北斗七星 エクオノクス(分点)

Side B
1.夏 スターパターン・三角座 霧の大地の中へ
2.秋 スターパターン・ペガサス 孤独