星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

New Horizons by Brian May

クイーンのギタリスト、

天文学者でもあるブライアン・メイ

太陽から遠く離れたところにある

アルティマ・スーリーというエッジワース・カイパーベルト天体と遭遇、

それに合わせてフライバイの実施に併せて

♪New Horizonsという曲を捧げる(ソロ・ソングルのリリース)ようです。



これに関するあちこちの記事(特に音楽関係)を読むと

「2019年元旦にNASAから打ち上げられる」的なことが書かれていますが、

実際には打ち上げではなくフライバイが行なわれるのです。

アルティマ・スーリーは直径30キロ程度で、

296年掛けて太陽のまわりを回っている天体。


f:id:tupichancosmos:20190101185005j:image

そんなことが起きている中、

私は、今年もひっそりと星空を眺めながらの年またぎをしました。

今年はどういうわけか近所の除夜の鐘が鳴らなかったので、

いつ年が変わったのかわからないうちに新年になるという、

もっとも理想的な形で2019年を迎えました。


南の地平線すれすれに見えるカノープスは、

昨日と違って双眼鏡では見えるものの、

肉眼で見ることができませんでした。

写真に撮ると雲の飛来が原因だったのですが、

かろうじて「横着」する姿が写ってました(笑)。

天体の音楽(2019)

ニューイヤーコンサート

2016年以来の「天体の音楽」がプログラムされています。

2019年はティレーマン(初)です。


2000年以降は5回目の登場となります。

2004:リッカルド・ムーティ

2009:ダニエル・バレンボイム

2013:フランツ・ウェルザー=メスト

2017:マリス・ヤンソンス


というわけで、

いよいよ年の瀬となって西高東低の気圧配置が

一段と星空の輝きを増し増してくれています。

ここ最近、宵のアルタイルや深夜のプロキオンの輝きが

いつにも増して明るく、ギラギラと輝いて見えます。


いつもなら年始に観に行くカノープス

「今日なら…」と思って近所に出かけると、いました。

こちらもいつになく明るく「ハッ」とする姿で。


f:id:tupichancosmos:20181230235924j:image

金星、水星と木星

今日は2018年最後の観望会でした(次回は2019年1月4日)。

途中雲に覆われて、

参加していただいたお客様の表情がはっきりと見えるほどの明るさに

都会の夜空の明るさを

まじまじと突きつけられた気がします。

火星がまだ明るい。


f:id:tupichancosmos:20181221060032j:image

明け方の空には日の出の後もポツっと見えている明けの明星。

そのずっと下には水星と木星が同じぐらいの明るさで並んでいます。

一昨日その情景を見たときは、ビックリしました。

Vangelis の 『ノクターン』

メーカーインフォメーションで、

ヴァンゲリスがピアノソロのアルバムをリリース。

しかもタイトルは『NOCTURNE』

曲目は、新曲を含むこれまで未発表だった楽曲のピアノソロ。



01. Nocturnal Promenade

02. To the Unknown Man

03. Mythodea – Movement 9

04. Moonlight Reflections

05. Through the Night Mist

06. Early Years

07. Love Theme (From Blade Runner)

08. Sweet Nostalgia

09. Intermezzo

10. To a Friend

11. La petite fille de la mer (From L’Apocalypse des animaux)

12. Longing (From Blade Runner)

13. Main Theme (From Chariots of Fire)

14. Unfulfilled Desire

15. Lonesome

16. Conquest of Paradise (From 1492: Conquest of Paradise)

17. Pour Melia


f:id:tupichancosmos:20181211005839j:image