星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

部分日食残念、七夕残念、隕石落下?

 天文ショーが立続きに悪天候に阻まれて見るチャンスを失っています。日食はほぼ快曇、七夕の今日はうっすらと織り姫が顔を出してくれていました。

 先日、関東の広範囲で目撃された大火球ですが、今日のニュースで落下したかもしれないという報道の中で、四街道市佐倉市といった具体的な地名が出てきてビックリです。「えーっ!うちかい!」って具合に。見つかると嬉しいですけど、近所には印旛沼がありますから、そこに落ちちゃうと発見の可能性はほぼゼロに近いです。とはいえ、最近テレビでカミツキガメ特集は、必ずここがロケ地になるのですが、先日見た番組では姿が全くなく、昨年の台風、大雨で流れていってしまったのでは?といわれているぐらいです。まさか飲み込んじゃうこともなかろうに、と思いますが…

 ちょうと『星の手帖 Vol.27 特集 隕石』を眺めていたので、絶妙のタイミングの報道にまたビックリです。

 

f:id:tupichan:20200708003910j:plain

星の手帖 1985年冬号 特集「隕石」

 

日の出(2020年6月17日)

f:id:tupichan:20200617043520j:plain

日の出(6月17日)

 夏至4日前に清々しい朝。4日後に日食となる月も、太陽の西側に存在を主張しています。明日以降は梅雨空に戻ると天気予報が告げていたので、昨夜は比較的(笑)早目に床につきました。木星が南の空高いところで穏やかで強烈な光を投げかけていました。影が落ちるんじゃないかと心配してしまうほど。

 

f:id:tupichan:20200617043943j:plain

太陽と月

f:id:tupichan:20200617042750j:plain

月齢25。4日後に太陽に追いつく…

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/06-topics03.html

 

日の出(6月9日)

 久しぶりに晴れました。いえ、日中は良く晴れた日も多かったのですが、私が望んでいたのは日の出の時刻の晴天のこと。しかも東の地平線まで雲のない空。二十四節気の日の出を追いかけていますが、やはり、この時期は難しいですね。天候もそうですが、早起きもなかなか… 「寝過ごしたーっ」 ということは、今のところありません(たぶん)が、「たぶんこの雲の様子だと昇った姿は無理だなぁ」と諦めて布団に戻ったこともありました(そのあと晴れてるし)。

 今日は透明度も良く乾いた空気が気持ちよかった。その日の夜もビロードのような艶やかな青空の中に明るい一等星が西に東に瞬いてくれました。 しかし、明日以降は雨が降り始め、いよいよ梅雨入りだとか。 東天に昇ったヴェガがことのほか美しい白色に輝いてくれました。

 

f:id:tupichan:20200609043557j:plain

夏至と同じ日の出の時刻、4時23分。

 

半影月食… ざんねん、どんてん。

f:id:tupichan:20200606034022j:plain

03h20m/03h38m

 6月6日未明の西の空で見られる(実際は目で見てわかるような現象ではありませんが)予定だった半影月食。2時に起きて準備してましたが、その時ですら雲行きが怪しく、無理かなと思いましたが、時間とともに木星土星、火星までもが雲越しにうっすらと見えたので、そのまま起きていることにしました。

 「月食」という意味では非常に紛らわしい写真ですが、左はまだ雲の影響を受けていない時間。本来ならここでも半影がわかりそうなものですが、うっすらとした雲のためにそれすらわからず。それから10分も経たないうちに雲の層が厚くなり出し、東の空も白み始め月の姿もだんだん雲に阻まれてしまいました(右の赤い月)。
  紛らわしい写真というのは、この半影月食皆既月食のような形相にはならないのに、西の空に低いことと、雲の影響を受けているので、まるで皆既月食のような姿をさらしてしまったのです。

 

月が地球の反対側に来る日(6/21)、ここからも部分日食が見られます。

 

6月6日の半影月食

6月21日の部分日食

変身物語(高橋宏幸訳)/ 京都大学学術出版会

f:id:tupichan:20200603233743j:plain

オウィディウスの『変身物語』

高橋宏幸さん訳の待望の新訳が完結しました。
第1週は2019年5月31日、第2集が2020年5月15日。
この『変身物語』は、
ほとんどの星座にまつわる神話・伝承が語られています。

なお、ヒュギーヌスの『神話集』の出版もアナウンスされています。

コスモス:いくつもの世界

 

f:id:tupichan:20200530100124j:plain

新シリーズの原作と前作のBL、サントラ


 ホストであるニール・ドグラース・タイソンのゴタゴタ(だからなのか、あとがきの賛辞の中で、彼の貢献度に対する言及がほぼ書かれていません…)で延期されていた『コスモス』の新たなページであるセカンドシーズンがようやく解禁されます。タイトルは『コスモス:いくつもの世界』。第一回目は5/31から。楽しみです。

 放送に併せて、原作(こちらはアン・ドルーヤンによる)の邦訳も出版されました(昨日知った)。気になった音楽担当は、前作『コスモス:時空と宇宙』と同じくアラン・シルヴェストリ