星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

天王星発見(ウィリアム・ハーシェル)

 今週は帰宅途中の間、宵の明星が大きく輝く姿を見ることができたのに、夜も更け始めると雲に覆われるという日が続きました。今日は駅から見上げた空はすでに曇天で、1781年にウィリアム・ハーシェル天王星を発見した日だというのに星が一つも見えません。

 

 先月ぐらいまで、このブログでハーシェルの音楽を紹介してきましたが、今日は特別な日なので、過去にブログに書いた記事を引っ張ってきました。

 

tupichan.hatenablog.com

ちなみに1985年3月3日に演奏された演目は

アレグロ ト長調ハーシェル
ソナタハ長調ハーシェル
五重奏曲(ボッケリーニ)
オルガン協奏曲 ヘ長調 HWV293 Op.4-5(ヘンデル
シンフォニア第2番 ニ長調ハーシェル
シンフォニア第1番 ト長調C.P.E.バッハ
おもちゃの交響曲(当日のプログラムにはハイドン作曲と紹介している模様)