星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

日の出(6月9日)

 久しぶりに晴れました。いえ、日中は良く晴れた日も多かったのですが、私が望んでいたのは日の出の時刻の晴天のこと。しかも東の地平線まで雲のない空。二十四節気の日の出を追いかけていますが、やはり、この時期は難しいですね。天候もそうですが、早起きもなかなか… 「寝過ごしたーっ」 ということは、今のところありません(たぶん)が、「たぶんこの雲の様子だと昇った姿は無理だなぁ」と諦めて布団に戻ったこともありました(そのあと晴れてるし)。

 今日は透明度も良く乾いた空気が気持ちよかった。その日の夜もビロードのような艶やかな青空の中に明るい一等星が西に東に瞬いてくれました。 しかし、明日以降は雨が降り始め、いよいよ梅雨入りだとか。 東天に昇ったヴェガがことのほか美しい白色に輝いてくれました。

 

f:id:tupichan:20200609043557j:plain

夏至と同じ日の出の時刻、4時23分。