星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

今回のサークルは、

天気予報で曇天という予報だったので気を抜いていたら、

なんときれいに晴れ上がりました。

慌てて公民館へ行くとメンバーはすでに集まり、

望遠鏡を組み立てています。

西の空には宵の明星金星がまぶしく、

その横にはふたごの兄弟、カストルポルックスが見えていました。

水星は金星の右下に見えています。

今日は2007年で最も好条件で迎えた東方最大離角。

金星の東には土星、しし座のレグルス、アルギエバ

望遠鏡を組み立てた場所はローソンの照明が明るすぎて微光星が見えず、

街灯の影響があまりないロビー側に回りました(しかし消防署の水銀が眩しい)。

目の前の南の空には夜半の明星木星と、さそり座のアンタレスが仲良く並んでいます。

その東には地球型惑星が見つかったというてんびん座のグリース581。

もしかしたら、この瞬間、

あの惑星の住民がこっちを見て同じことを考えているかもしれません。

などと考えながら終了。