星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

天文遺産 宇宙を拓いた日本の天文学者たち(別冊日経サイエンス245)

現在日経サイエンスに連載中の「nippon 天文遺産」の既掲載分を再録・編纂した別冊が出版されました。

レプソルド子午儀と子午儀室(上)
レプソルド子午儀と子午儀室(下)
20cmトロートン望遠鏡
日本で最初に星空を撮影したブラッシャー天体写真儀
日本最古の星野写真乾板
65cm屈折望遠鏡と大赤道儀室(上)
65cm屈折望遠鏡と大赤道儀室(下)
ゴーチェ子午環(上)
ゴーチェ子午儀(下)
樺太国境を決めたバンベルヒ子午儀
日本最初の理科年表
東京天文台1号官舎
9cmバンベルヒ子午儀
三鷹国際報時所の門柱
リーフラー時計
写真天頂筒
20cm屈折望遠鏡と第一赤道儀
アインシュタイン塔(上)
アインシュタイン塔(下)
臨時緯度観測所本館と眼視天頂儀(上)
臨時緯度観測所本館と眼視天頂儀(下)
緯度観測所本館
電波望遠鏡 第1号
名大空電研1.5m太陽電波望遠鏡
6mミリ波望遠鏡
野辺山ミリ波干渉計
スプートニクエクスプローラーを追跡したベーカー=ナン カメラ
日ソ共同の衛星追跡で活躍 AFUカメラ
五島プラネタリウムカール・ツァイスIV型投影機(上)
五島プラネタリウムカール・ツァイスIV型投影機(下)

 

 数年前から日本の天文学にハマってしまいましたが、その水面下で連載されていたんですね。この『日経サイエンス』は、W大学で仕事をしていた時に化学の教授から「星の特集してたよ〜」といって、天文が特集されると、わざわざ持って来てくれました。そんなことを思い出すと懐かしいやら嬉しいやら。

 

日本の天文学

 

f:id:tupichan:20210702070045j:plain

別冊「日経サイエンス」天文遺産