星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

夜想曲集☆1

星を眺める時に傍らで静かに音楽が流れている…

昔から憧れていた星見のスタイル。

これは石田五郎先生の著書『天文台日記』の中で

たびたび登場する深夜喫茶の影響を受けての 私の星空観望。

あれから40年近く経ちますが、

未だに「私の深夜喫茶」に流す音楽を探し求めています。


これまでに流していた曲の中で最も多いのが「夜想曲」。

意味合いもタイトルも、これ以上

星を見るにふさわしい曲はないのではないでしょうか?


夜想曲は、アイルランドの作曲家ジョン・フィールドがその雰囲気を完成させ、

ショパンによってその知名度が広まりました。

一種の音楽スタイルですが、

彼ら二人の影響を反映させたロマンティックな楽曲もあれば、

ドビュッシーのようにアニミズムを描いたような作風もあり、

今やひとつのジャンルにさえなってしまっている感があります。


しかし「夜想曲」というのは

フィールドとショパン、そしてフォーレ以外にも

様々な作曲家の作品が存在しています。

今回は彼ら以外の作品が聴けるアルバムを紹介します。

1997年にリリースされた小山実稚恵さんのアルバムと

2012年にリリースされた佐藤勝重さんのアルバム。

英語標記は共に『NOCTURNES』。


フィールド、ショパンフォーレの楽曲はさすがに外していませんが、

同一曲はショパンの第20番のみ。

またドビュッシー、バーバー、の2曲も同一曲

2枚合わせて、実に22人の作曲家、27曲の夜想曲を楽しめます。


f:id:tupichancosmos:20180214221715j:image


「Noocturnes:小山実稚恵

01.フォーレ夜想曲 第2番 ロ長調 Op.33-2

02.バーバー:夜想曲(フィールドに捧ぐ)変イ長調 Op.33

03.フィールド:夜想曲 第5番 変ロ長調

04.ショパン夜想曲 第21番 ハ短調

05.ショパン夜想曲 第20番 嬰ハ短調

06.グラナドス組曲ゴイェスカス」第4曲:なげき、またはマハとうぐいす

07.プーランク:「8つの夜想曲」第4番:幻の舞踏会

08.ラフマニノフ:「サロン小品集Op.10」 第1曲:夜想曲 イ短調

09.グリーグ:「抒情小曲集 Op.54」第4曲:夜想曲 ハ長調

10.シューマン:「幻想小曲集 Op.12」第1曲:夕べに

11.ドビュッシー夜想曲

12.アルベニス組曲「スペインの歌 Op.232」第4曲:夜の歌

13.スクリャビン:「左手のための2つの小品 Op.9」第2曲:夜想曲 変ニ長調

14.プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット Op.75」第10曲:別れの前のロメオとジュリエット

15.フォーレ夜想曲 第6番 変ニ長調 Op.63



「Noocturnes:佐藤勝重」

01. フィールド:夜想曲 第4番 イ長調

02. グリンカ夜想曲短調「別れ」

03. シマノフスカ:夜想曲 変ロ長調

04. ショパン夜想曲 第2番変ホ長調

05. ショパン夜想曲 第20番嬰ハ短調

06. パデレフスキ:夜想曲 変ロ長調op.16-4

07. リスト:夜想曲 第3番 変イ長調愛の夢」S.541 R.211

08. グリーグ夜想曲 イ短調op.54-4

09. ビゼー夜想曲 第1番 ヘ長調 Op.2

10. フォーレ夜想曲 第1番 変ホ短調op.33-1

11. ドビュッシー夜想曲

12. プーランク:「8つの夜想曲」第1番 夜想曲 ハ長調

13. ボロディン夜想曲 変ト長調

14. スクリャービン夜想曲 変ニ長調 Op.9-2

15. レスピーギ夜想曲 変ト長調

16. バーバー:夜想曲(フィールドに捧ぐ)変イ長調 Op.33



つづく…