星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

たなばた(2017)

たなばた。

久しぶり(?)に、夜も晴天になってくれました。

国立科学博物館の屋上も賑わいました。

f:id:tupichancosmos:20170708043443j:image

土星もくっきり。

iPodでパシャ!


さすがに今日は子供たちが多かったのですが、

「どの星だか探せる~?」と質問して探し当ててくれたのは

ごく数人。

お父さん、お母さんも首を振るかニヤニヤする人が多かった。

また、

「あれとあれですよ」と指差すと

「あっ、肉眼で見えるんですか!?」って驚いていた人もいました。


ちなみに今日の月はまんまる(月齢13)だったので、

渡し守の舟は、さながら佐渡のたらい舟。

新潟の血が流れる私にも経験がありますが、

たらい舟は先に進まず。


だから…


「旧暦7月7日の晩(今年は8月28日)は、

 たらい舟ではなく、ちゃんとした半月の舟が

 毎回天の川にとどまってくれているので(決して渡ってくれない、という性格がミソ)

 ぜひ、探してみて下さいね。

 七夕の話には欠かせないキャラクターですから!」


と言うと、


「こうした行事には、ちゃんとした背景を知っていると面白いね」

と納得してくれたお客さんがいて、こちらも嬉しくなりました。