星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

1月21日(月)晴れのち曇り 「惑星(ホルスト)/冨田勲」

良い天気も息切れでしょうか。朝がなかなか開けないなぁと思っていたら、
東の空に雲が流れています。明けの明星も見えませんでした。
なんでも明日、また雪が降るとか・・・
 
イメージ 1
 
 「惑星(ホルスト)/冨田勲
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 おとといから「惑星」のシンセサイザーを連続で聴いてきましたが、やはりしんがり冨田勲の演奏でしょう。火星が始まる前から物語が始まり、たんなるアレンジにとどまっていません。パピプペおじさんのやり取りが楽しいシーンです。このアルバムはさまざまなフォーマットで登場しますが、おととしリミックスされたSACD盤がもっとも冨田勲が表現したかった音場のようです(DVD-Audio盤も存在しますが、当時は環境がなかったので手に入れていないので未聴です)。今なら環境も整っているので、中古でもなんでも手に入ったら、DVD-Aによるサラウンドを体験してみたいです。最近、海外でDVD-Aが流行っているのか、キング・クリムゾンELPのリマスターによって驚愕の体験をしているので、なんとしても。