星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

Rick WakemanとVangelis

何かと比較されがち(私だけか?)な両者が、
2020年の同じ年に揃って宇宙もののアルバムを制作、リリースしてくれてました。
現時点ではヴァンゲリスは予告のみ。

RED PLANET/ Rick Wakeman
邦題が『火星探検2020』です。アルバム名義はRick Wakeman & The English Rock Ensemble(Dave Colquhoun; Guitars、Lee Pomeroy; Bass、Ash Soan; Drums)。曲目には火星の地名をあしらった全8曲。ジャケットにも写っている古楽器(マリナーやらヴァイキングが火星探査を行っていた頃のキーボード)も登場させ、かつてのプログレを再現してくれています。まだ人類が未踏の大地を、まさに探検するというワクワク感があふれています。

 

 

 

JUNO TO JUPITER/ Vangelis
前作のテーマはヨーロッパが打ち上げた宇宙船ロゼッタ(彗星探査機)でしたが、今回はNASAが打ち上げた探査機ジュノー。現在も木星からツイートしてくる探査機ですが、

www.nasa.gov

2021年7月31日に、アルバムタイトル通り、木星本体へ突入させてミッションが終了(かつての土星探査機、カッシーニもそうでしたが、取り上げなかった…)。リックと違って、今のところ国内盤が出る気配なし。