星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

Floating in Heaven/ Graham Gouldman & Brian May

 「宇宙科学を愛するミュージシャン」としても知られている10c.cの.グラハム・グールドマン(作詞作曲)は、同じくクイーンのブライアン・メイ(ヴォーカルとギター)と共に、ハッブル宇宙望遠鏡の後継機として始動開始したジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の初の撮影公開に合わせて新曲を発表しました。

 

www.youtube.com

 ブライアン・メイは2019年の元旦に、冥王星探査機ニュー・ホライズンズエッジワース・カイパーベルト内の天体2014 MU69(愛称Ultima Thule=最果ての地)に最接近するのを記念し、NASA本部から新曲「New Horizons」を発表していました。それに引き続きのことになります。

 海外ではこうしたロック畑のミュージシャンが宇宙天文学に歩み寄った作品をかなり発表しています。最近では、今年亡くなったシンセサイザーの巨匠として知られているヴァンゲリスチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星ミッションの際に発表したアルバム『ROSETTA』(2016年)や、木星探査機ジュノーに合わせて発表した『JUNO TO JUPITER』(2021年)などがあります(スティーヴン・ホーキング博士が無くなった時にも作品を発表しています)。