Imaginary Road Studio作品でもおなじみの
Jeff Osterのニューアルバムがリリースされます。
今回は「LIVE!」

動画もアップされていますが、
バックには9月人ウィル・アッカーマンと来日、共演したTodd Boston(エレキ!)、
そして10月に単独公演を行ったMichael Manringがおなじみのスタイルでベースを弾く姿が見られます。


マスターはImaginary Road Studio、
エンジニアはウィルの右腕Tom Eaton、
プロデュースはJeff本人です。


ウィルも参加しているのかと思いましたが、
自身のレコーディングで忙しいのでしょうか?
姿も、クレジットも見当たりません(Thanksにはクレジットされてますが)。
来年、久々にニューアルバムをリリースするとの事。


先の日経のインタビューでは「グラミー取るよ」と語っていましたから
ソロでも、グループ(FLOW)でも楽しみです。