星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

日本の夜想曲・3

日が沈んで夜の帳(とばり)が下りると、

夜空には夏の大三角を頭上に残して

東の空には…


おとといは十三夜でしたね。

秋の星空にはほとんど星がなく、

満月近い月の光に飲み込まれてしまっています。

みなみのうお座のフォーマルハウトなんて、

うちの方じゃ全然見えません(普段は見えるけど)。


星の見えない晩は、

星を思いながら音楽を。

といっても今日あたりは月の光がしんしんと町に降り注ぎ、

それはそれでとても神秘的。

星(月)夜を体感できまるのではないでしょうか。


今日の「夜想曲」は大江光の作曲。

彼の作曲家としてのデビューアルバム、1992年の『大江光の音楽』に収められたのは

ノクターン/小泉浩(Fl)&海老彰子(Pf)

そして2年後のセカンドアルバム1994年の『ふたたび』には

ノクターン第2番/小泉浩(Fl)&海老彰子(Pf)


ともにフルートとピアノという組み合わせ。

シンプルなメロディが歌う夢心地の夜想曲です。


f:id:tupichancosmos:20151025093254j:image


ちなみに『大江光の音楽』には

♪星

という、星のソムリエなら押さえておきたい曲も収録されています。

また2005年の『もう一度、大江光』には

♪大人のノクターン

が収録されているので、

大江さんは星に対する感受性も素晴らしいなぁ、と思います。



今朝の東雲(10/27)


日本の夜想曲・1

日本の夜想曲・2