コズミックフロントMUSIC「宇宙交響曲~138億年をめぐる旅~」

演奏予定

宮川彬良:宇宙音楽絵巻
吉田潔:星々に見守られて・江戸の夜空に想いを馳せて
リヒャルト・シュトラウスツァラトゥストラはこう語った
ジョン・ウィリアムズスターウォーズのテーマ
寺田志保:Eternal Universe

 

モチモチの木?

 また巨匠が一人旅立って行きました。実演では1998年に行われた小澤征爾指揮/水戸室内管弦楽団水戸芸術館館長)のラヴェル・プログラムでした。お悔やみ申し上げます。天球の音楽の一部になられたでしょうか? マーラーの「千人の交響曲」や星空に想いを寄せる際によく聞いたベートーヴェンの第九が好きでした。

 小澤の第九と言えば、長野オリンピックの時のブルー・インパルスとのコラボが思い出されます。あれは奇跡、というか小澤のリズムからすれば当然のことながら何度やっても同じこと。そこに着目したインパルス側の勝利でしょうね。

チェレスタは星のまたたき、チェレスタはゆりかご

 明日積雪の恐れがある関東。今日も未明から庭の植木を打ち付ける雨の音が鳴り始めました。今朝は日の出の陽光も差し込まず、ひんやりとした空気感が氷雨を布団の中で感じます。

「そういえば今日が立春かぁ」の朝。太陽が天球上の黄経315度を17:27に通過します。日の入りが17:11なので、その後の話。

 

チェレスタ

 チェレスタという楽器は、オーケストラの中にいて、その音は一発で聞き分けられるほどの独特の音色を持った小さな楽器です。有名どころではチャイコフスキーの「金平糖の踊り」や、サン=サーンスの「水族館」。最初に意識して聞いたのはホルストの「水星」です。

 図書館に森ミドリさんのCDに『チェレスタはゆりかご』というアルバムがあって、そのうちの一枚にオリジナル作品としての「天空」が並んでました。早速視聴。まさに天空から聞こえる、星の瞬きを連想させる音。

 もう一つ、実相寺昭雄さんの『チェレスタは星のまたたき』。氏はウルトラマン・シリーズのプロデューサー。個人に印象的に残っているのは「ちゃぶ台の対話」です。セブンとメトロン星人が下町のアパートの一室で、ちゃぶ台に座って会話をするシーン。その方がクラシックへの造詣が深く、この中にマーラーと天球の音楽に関する章がありました。かつて交響曲第5番のアダージェットを「天球の音楽」と表現したという情報があり、「もしかしたらこれか!?」と思って興味深く読みましたが、特に記述なく。ここではバーンスタインの演奏に関してのネタでした。

 そうそう、ウルトラセブンの音楽。冬木透さんが手がけたシリーズですが、これもまた昭和を思い起こさせてくれる良いメロディに溢れています。

さらに冷え込み、こたつの中に埋もれてうたた寝しつつの休日です。

 

 

1月の満月… Wolf Moon(その2)

 今朝方、西の空に大きく傾いた満月を眺めつつ出勤。「その瞬間」を眺めてから、こたつでうつらうつらしている間にも、着実に運行していた月の軌道に驚かされました。

 その月が一息入れて夕方以降再び東の空に顔を出し、南中は日を跨いでいたものの、昨晩と同じように「しんしん」と月の光を地上に降り注いでくれました。

左「23h59mの満月」/ 右「02h54mの満月」

 

1月の満月… Wolf Moon

Wolf Moon

 現在、1月26日の3時過ぎ。ちょっと前、2時54分に太陽-地球-月が一直線に並び(視黄経180度)満月の瞬間を迎えました。愛でている人はおらず(新聞配達のバイクが家の前を通り過ぎました。安全運転を心がけているから見ていないでしょう…)。月の光が地表に降り注いでいるかのように(音が聞こえてきそう)、あたりは銀世界です。

 

 人目につくのは、西の空彼方に消えて再び東の空に姿を見せてから。夕方5時半ごろ。きっと「昨日の月の方が丸い」と感じるのではないでしょうか?昨日のまん丸は、満月の瞬間の大体9時間前。そして今夜東の空に登ってくる月は、満月になった瞬間の大体15時間後。

カノープス昇る、そして…

 関東あたりでは地平高度3度程度の恒星ですが、シリウスに次ぐ輝星のためこの時期の話題の天体です。場所によっては横着星。そんな姿を眺めに房総半島の最南端で待ち構え、行くまでに掛かった時間より短い時間だけ姿を現し、そして沈んでいきました。

 先日の羽田空港での事故の影響で、飛行航路に支障がきたしていたらしくいつもより飛行機が多かったような気もします。

横着星昇り

横着星、降り

 

大火球(2024/01/15)

 06h55m、西の空低く(40〜30度ぐらい)北へ向かって、金星のような色をした大火球が、途中緑色に閃光しながら見えました。時間にしておよそ3秒程度。職場に着くと、ニュースで知ったスタッフから「朝、すごい流れ星が飛んだみたいですねぇ」と声をかけてくれました。

「(ふふん)あっ、見ましたよ、それ!」

すでに東の空には太陽が昇っていたことを考えると、かなり明るい大火球だったのではないでしょうか?ネット上では動画などもアップされ、場所によっては流れた後、4秒後ぐらいに衝撃波が鳴ったそうです。

(今回の大火球の目撃は、朝寝坊したおかげ。いつもは最寄り駅まで30分歩くのですが、太陽に向かって歩くので東を向いています。が、今朝はこたつで目が覚めたのが家を出る時刻!やばい!遅刻する!いや、バ、バスに乗れば何事もなかったことにできる! バス停へは西を向いて歩きます。 バスに向かう途中、しかもバスに乗り込む直前の目の前を緑色に閃光する大火球が出現したのです! バス待ちの人は、誰も見ていませんでした)

月は沈む