星語り(一番星のなる木)

星と天界の音楽

カノープス詣

 年越しカノープスは車の渋滞も鑑みて毎年地元で見るようにしていますが、年明け最初は、逆に渋滞がほぼない正月中に布良まで行くことが恒例となりました。ということで、今回も房総半島最南端へ。
 家を出た時には快晴でしたが、途中「あ〜、正月でも休みなしか…」というフレアスタッグが赤々と燃え盛る情景を眺めつつ、工場の煙突から排出される煙が空に流れているなぁ程度に考えていました。しかし、現地につくと月の光に照らし出された雲が煌々と輝く空になっていました。結局カノープス詣でにはならず、布良詣になりました。真っ暗闇の中に提灯が並び、布良の漁村を見下ろしています。ここからカノープスは見えるのかなと思って歩き回ってみましたが、ちょっと無理なような感じです(参道は西から来ているし)。

f:id:tupichan:20210101225543j:plain

雲の合間にオリオンやシリウスは見えど…

f:id:tupichan:20210101234057j:plain

布良崎神社

 

冬至も過ぎて

2020年も冬至が過ぎました。本格的な冬の到来です
しかし、星空の方はと言うと夜半前の東天には春の星座が姿を見せています。
この日を境に夜が短くなり始めると思うと、ちょっと寂しい限り。

 

f:id:tupichan:20200620043538j:plain

夏至(左)、秋分(真ん中)から冬至(右)へ

 

木星と土星

 先日は工場地帯の中の両者でしたが、今回は真逆の環境下で木星土星の姿を見ることができました。場所は鴨川港。釣りをした後、暗くなるまで待っていた甲斐がありました。

f:id:tupichan:20201206172834j:plain

木星土星